<$blogurl$="http://naturejournaling.exblog.jp">

身近な自然の「ナゼ?」から広がる世界

こんにちは、自然画家/イラストレーターの小林絵里子です。
このブログでは、身近な自然の「ナゼ?」を発見していく自然観察の記録方法「ネイチャー・ジャーナル」について、またそのかき方についてまとめています(「ナゼ?」の答えを教える内容ではありません)。「ネイチャー・ジャーナルってナニ?」という方は、まずは記事一覧 よりどうぞ。

【日本ネイチャージャーナルクラブ】
2018年より、「日本ネイチャージャーナルクラブ」というコミュニティを立ち上げました。
(経緯はこのブログについて・自己紹介をご覧ください)
月に一度、神奈川県内の公園で、アメリカで作られたネイチャージャーナルのさまざまなかき方を体験する内容を中心にしたフィールドワークを行っています。今のところ”クラブ”とはいっても会員制ではありません。興味を持った方ならどなたでも参加できます。

・身近な自然の観察の仕方を知りたい
・さまざまな年代の人と自然を楽しみたい
・子どもと一緒に自然体験したい(親子連れ歓迎です!)
・フィールドノート、フィールドスケッチを描けるようになりたい
・考える力を伸ばしたい
・想像力を伸ばしたい
・人や環境の役に立ちたい

そんな方におすすめです。
(ピクニック気分のカジュアルスタイルで行っています☆)

学校の先生、自然観察会リーダーの方の参加も
お待ちしています。

フィールドワークに参加ご希望の方は、こちらのフォームよりお知らせください。
フォームが使えない場合は、

また最新情報は、フェイスブックグループでも随時アップしています。
こちらのブログに載せるまでにタイムラグのある情報もありますので、
こちらもたまにチェックしてみてくださいね。

# by eriko_journal | 2019-12-31 23:39 | ネイチャー・ジャーナルとは?

次回フィールドワークについて

【次回のネイチャージャーナルクラブ・フィールドワークのご案内】

7月のフィールドワークを
今週末『7月21日(土)』とご案内していましたが
この厳しい暑さ続き、
時間帯的にも熱中症の危険があるため
7月、8月はお休みとさせていただくことにしました。

園内は木陰で比較的涼しいと思うのですが
きっと道中が厳しいので(><)

もう少し過ごしやすくなってから
開催したいと思います。


次回の予定は、

9月15日(土)です。

それまでイベントの予定はありませんが
セミが鳴きはじめたり、
夏のサインがあちこちに見つけられると思いますので
お家のまわりでぜひジャーナリングしてみてくださいね。

よろしくお願いいたします。


# by eriko_journal | 2018-07-17 12:06 | ネイチャージャーナルクラブ | Comments(0)

7月8日(日)瀬上沢自然観察会xネイチャー・ジャーナリング、開催します!

c0380497_09194169.jpg
6月10日、雨で中止になった瀬上沢でのイベントでしたが

あらためて7月8日(日)、開催することになりました!

==================================
瀬上沢で「自然観察×ネイチャージャーナリング」
~瀬上沢の自然を、知ろう・描こう・考えよう!~


【開催日時】2018年7月8日(日) 13:00~15:30頃

【集合】横浜栄高校13:00  港南台駅から徒歩20分
   (横浜栄高校の場所がわからない方は、港南台駅でもOKです。
    申し込み時にお伝えください。駅に12:30集合です)

【服装・持ち物】
・スケッチブック、筆記用具、観察用具(あれば。定規、ルーペ、虫めがね、双眼鏡など)
・汚れてもいい服装・靴(長靴やアウトドアシューズ推奨)
・飲み物
※足元の悪い箇所もあるので同伴者の方も用意をお勧めします
※虫刺され対策として長袖長ズボン推奨
※スケッチブックの選び方は、以下を参考にしてください。
https://naturejournaling.exblog.jp/27495332/

【対象】 子ども(6歳以上)から大人まで、どなたでも

【参加費】大人500円、小学生以下100円

【参加方法】その他詳細と参加お申込はこちら
===========================


何を「考える」のかというと
記録を終えたあと
「この場所が埋め立てられてなくなったら
全体の自然にどんな影響があると思うか?」
ということなどをみんなで考えて
ディスカッションします。

生きもの調査だけで終わりません(笑)

どんな考え、意見も歓迎です。

同日午前中10時~12時はクリーンアップ活動も行われます。
こちらへの参加もぜひ。

お昼はみんなでピクニックランチするかも?
(参加したい方がいればなので、検討中です…)

# by eriko_journal | 2018-06-22 01:00 | イベント | Comments(0)

【スペシャル・フィールドワーク】フィールドスケッチ教室開催します!

c0380497_22085881.jpg


スペシャルフィールドワークのご案内です。

このたびパリ在住の彫刻家・水彩画家の桑原実彦さんの
一時帰国のタイミングに合わせて
桑原さん講師によるフィールドスケッチ教室を開催いたします。

ネイチャージャーナルは、何度もお伝えしているように
”上手な絵”を描くことが目的ではありませんが
やはりスケッチを描くからには、
自分の納得いく線を描きたいと思うもの。

月一で行っているフィールドワークでは
スケッチの描き方のワンポイントまでしかお伝えできてていません。

そこで、スケッチを集中的に学ぶ機会を
設けたいと考えていました。

今回はその第一弾となります。

彫刻家のスケッチは、画家のそれに比べて独特です。
作品の最終形が立体ということで
常に立体を意識したそのスケッチは、
「少ない線で的確に形をとらえる」ということに、とても長けています。

憧れはしても、そう簡単にマネはできないのですが
フィールドスケッチの仕方は、おおいに勉強になるはずです。

鳥をはじめとしたあらゆる生きもの、風景が対象になります。
デモンストレーション・ワークショップ型で行いますので
彫刻家のスケッチを間近で見ながら、一緒にスケッチを楽しむ
貴重な機会となります。

作品講評は特に行いませんが、質問は自由にしてしていただけます。

フィールドスケッチを描いてみたい、上達したい、桑原さんと一緒にスケッチしてみたい!という方は、ぜひ。

=============================
【桑原実彦スケッチ教室】

日時:2018年7月7日(土) 10:00~15:00
場所:葛西臨海公園鳥類園(JR京葉線「葛西臨海公園駅」徒歩約15分) 
持ち物:スケッチ用具、観察用具、お弁当
対象:フィールドスケッチを学びたい方(初心者歓迎です!)
定員:6名
参加費:7,000円(税込/現地でお支払いください)

参加お申込み:こちらの申込みフォームよりお申込みください。
=====================

※雨天の場合:しとしと雨程度なら実施します(ウォッチングセンター、野鳥観察小屋など利用します)。強雨の場合は中止です。中止の場合は、お申込みの方に前日までにご連絡します。

※集合場所:お申込みの方にお知らせします。

ご質問等はこちらへお気軽にどうぞ⇒japan.nature.journal.club@gmail.com

チラシダウンロード
参加お申込み

c0380497_00313376.jpg
c0380497_00330113.jpg

# by eriko_journal | 2018-06-09 12:19 | ネイチャージャーナルクラブ | Comments(0)

6月16日(土)フィールドワークのご案内


6月16日(土)のフィールドワークのご案内です。

こういうわけで、再度

『ミニ・サファリにでかけよう!』

を行います。
ヒモをつかった自然観察記録方法を体験していただきます

持ち物:スケッチブック、筆記具、彩色道具(ある方は)
    ルーペ、定規、お弁当、飲み物
    ※ヒモはこちらで準備します。

参加費:無料(基本額2,000円で任意額の寄付制)

※そろそろ蚊対策が必要です。

※雨天の場合は室内または野外の東屋(あずまや)でスケッチ教室を行います。
荒天の場合は中止です。お申込みいただいた方には、前日夜または当日朝に中止のご連絡いたします。

参加・詳細お申込みはこちらのフォームよりどうぞ。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/09c20b49549027

【当日のスケジュール】
10:30~12:00 『ミニ・サファリに出かけよう』アクティビティ
12:00~12:40 お昼
12:40~13:40 フリータイム(引続き午前中のアクティビティをやってみる、または好きなものをかく)
13:40~14:00 フィードバック
※時間は目安です。

移動中に鳥が出てきたら、鳥のスケッチレクチャーを入れたり、
臨機応変な感じにやっていきたいと思います。

当日は、条件がよければ夕方ホタルが見られるかも?

ホタル見たい!という方は、お申込みフォームにてお知らせください。
その分、開始時間を遅らせるなどの検討をしたいと思います。

では、ご都合の合う方とフィールドでお会いすることを楽しみにしています!

2018/06/15追記:
うーむ、また雨の予報です。
なかなかサファリに行けませんが、お天気には従うしかありません。
雨用プログラムを用意しています。
午前中はスケッチエクササイズ~ドローイングの練習、
午後は今日の一枚、雨の風景などを描く予定です。


# by eriko_journal | 2018-06-01 15:24 | ネイチャージャーナルクラブ | Comments(0)

いいやつ?わるいやつ?

c0380497_09282243.jpg
先週の爽やかな風の吹く日曜日、
娘といつもフィールドワークを行っている公園へ出かけました。

そこで、3月のフィールドワークで記録し損ねて
後悔していたカメノコテントウと再会!

まるでボタンのよう。

こんなに大きなテントウムシが動いているところを見ると
なんだか別の不思議な生きもの、
のように見えます。


「おかあちゃん、みて!」と、娘は
足もとの草はらで虹色に輝く小さな甲虫を発見。

調べると「アカガネサルハムシ」という虫でした。

見つけたときはササの葉にくっついていたので
ササにいる虫かと思ったら
ブドウの仲間の葉を食べるとのこと。


ということは…?


そう、ブドウの害虫として知られている虫なのでした。



3月にカメノコテントウに出合ったとき
参加者の方から

「これはいいやつ?わるいやつ?」

という声が出ました。


ナナホシやナミテントウなど、
アブラムシを食べるテントウムシは
「益虫」

ジュウニヤホシテントウなど、
作物を食べるテントウムシは
「害虫」

と呼ばれています。



「いいやつ」か、「わるいやつ」か。



それは、人間の都合での見方でしかありません。

彼らはただ、自分のいのちを生きているだけ。

いいやつも、わるいやつもありません。



薬を使わない小児科医、真弓定夫先生は

腸内細菌の「善玉菌」と「悪玉菌」の話になったとき

「善玉も悪玉もないよ。菌は菌だよ」

とおっしゃっていました(笑)



ブドウ農家さんにとっては、駆除すべき虫で

それはそれで、仕方ありません。



ただ、彼らを害虫として仕立てあげてしまう環境を人間が作っているだけで、

彼らに罪はないのですよね…



「これは人間に害を与える生きものだから、わるいやつ」

というレッテルは忘れて

彼らのことをよく観察してみると

またひとつ、世界が広がるかもしれませんよ?

# by eriko_journal | 2018-05-25 16:15 | コラム | Comments(0)

6月10日(日)瀬上沢自然観察会xネイチャージャーナリング&ホタル観賞会のご案内


c0380497_09194169.jpg


横浜市の瀬上沢という場所をご存じですか?
知る人ぞ知る、
神奈川県で最大の自然発生によるゲンジボタル生息地のひとつです。
その瀬上沢が現在、宅地開発のため
一部が埋め立てられることになっています。
このたび、10年以上も反対運動を続けてこられた
ネイチャージャーナルを使って開発される環境の記録をし
市民の手で後世に残す、という試みを行うことになりました。

参加者の皆さんが記録したジャーナルを最後にみんなで共有し、
「埋め立てによって全体の環境にどんな影響があると思うか」
などについて考えます。

横浜市は、開発にGOサインを出していますが、
現在工事申請中で、まだ完全に許可が下りたわけではありません。
埋め立て中止へのわずかな希望にも賭けて、今回のイベントを企画しました。
もちろん横浜市民以外の方の参加も歓迎です!
ご興味ある方はぜひご参加ください。

============================
【瀬上沢で自然観察×ネイチャージャーナリング&ホタル観賞の夕べ】
ー瀬上沢の自然を、知ろう・描こう・考えよう!ー

【開催日時】
2018年6月10日(日) 15:00~18:00頃 (ホタル観賞会18:40~)
※自然観察xネイチャージャーナリングのみの参加も可

【場所】横浜市瀬上沢
【集合】横浜栄高校15:00  
【アクセス】JR根岸線「港南台駅」から徒歩20分
(横浜栄高校の場所がわからない方は、港南台駅に14:30集合


参加は申込み制になります。詳細はこちらをご覧ください。
Facebookが見られない方はこちらをどうぞ。
======================

観察会、ジャーナリング終了後はホタル観賞会です。
一晩に、1000匹以上飛ぶこともあるそうです。
遠くからホタル目当てに訪れる人も多いそうですよ。
お楽しみに。

2018.6.7追記:
日曜日、お天気がかなりあやしくなっています。
当日は雨天中止ですが、自然観察会とネイチャージャーナリングは
また日を改めて実施する予定です(来月を検討中)。
その場合、ホタル観賞会はナシになってしまいますが、
もうホタルは数日前から飛び始めているとのこと。
明日あさってがピークとなるかもしれません。
ホタルが見たい!という方は、出かけてみてはいかがでしょう。

2018.6.8追記:
夕方娘を保育園に迎えに行ったあと、電車で1時間半かけて
一緒に瀬上沢へ行ってきました。
到着するころにはちょうどいい時間帯になり、
最盛期を知っている人にとっては少ない印象だったようですが
それでもたくさん見られました。
それにしても人がたくさんでびっくり!
明日は、残念ながら雨の確率大なので(泣
今夜がラストチャンスとなりそうです。

2018.6.10追記:
予報どおり雨天のため、残念ながら中止です。
定員30名まで、予想以上にたくさんの方にお申込みいただきました。
ありがとうございました。
ホタル観賞会は適いませんでしたが
お伝えしたとおり、イベントはまた近いうちに開催を予定しています。
改めて、皆さんとのジャーナリングを楽しみにしています。
今後ともよろしくお願いいたします!

2018.6.18追記:
7月8日(日)13時~、開催が決定しました。
お申込方法は後ほどアップします。

# by eriko_journal | 2018-05-24 16:30 | イベント | Comments(0)

メモって何を書けばいいの?

ネイチャー・ジャーナルでは

スケッチだけではなく、気付いたことや疑問などを

同じページにメモで書き加えていくのですが

スケッチは何となく描けるけど、

メモに何を書いたらいいか思いつかない、

ということがあると思います。



そんなときは、

こちらの過去記事を参考にしていただき

ネイチャー・ジャーナルって何?―(2)何をかけばいいの?



『これを初めて見る人に、どんなふうに説明したら、この感動を共感してくれるか、面白さを伝えることができるか』

ということを考えながら

思いつくことをすべて書き出していってみましょう。

自分の中だけで終わらせず、

「自分の書いているものは、人の役に立つもの」

という意識を持ってください。

(実際そうなのです!)


どうしてそうするのかというと、

以前もどこかで書きましたが

私たちは「忘れる生きもの」です。


自分の見たこと、感じたことは、自分のことだから覚えている

と思ってしまいますが

「いいこと思いついた!あとで書いておこう」と思ったことが

1時間後には「あれ、なんだったっけ…すごくいいアイデイア思いついたはずなのに!」

となるわけです。

つまり、1時間前の自分とは、「違う自分=他人」になっている、ということです。

いいアイデイアほど、一瞬のうちに記憶から消え去ってしまいます。

だから、思いついたことはすべて書いておくことをお勧めします。

無駄になることはありません。

書いたことは、共有すれば、人に「気付き」を与えることができます。

そしてそれは、あなたがその瞬間、「生きたあかし」にもなるのです。



私たち日本人は、自分の気持ちを自分の言葉で表すことが苦手な人が多いです。

それは、「教育」の影響もあるかもしれませんが、

私たちが、相手のことを「言葉なしで汲み取る」文化を持っているからです。

それはそれで、日本人ならではの繊細で素晴らしい能力ですが

何事も行き過ぎは問題で

それでは自分の気持ちが相手にうまく伝わらず、

鬱屈した気持ちを抱えている方が少なくないのではないでしょうか。



日本人の幸福度は、世界の国々の中で最も低い位置にある

ということが、ニュースで取り上げられることがありますが

その原因のひとつは、自分の本当の気持ちを押し殺して生きている(生きていかなければならない)

風潮が根強いせいではないかと思います。


自分の考えや気持ちを表に出すことは

人間の精神安定上、とても必要なことなのです。


話が横道にそれていっているように見えるかもしれませんが…

ネイチャー・ジャーナルは、

「自分の内なる自然」と向き合うことも

目的のひとつとして含まれているので、

けして無関係なことではありません。


書いたことを何もかも他人と共有する必要はありませんが、

目の前の自然に驚きを感じ、学びながら、

自分の素直な気持ちをアウトプットしていく、

そんなイメージを持って書いてみると、よいかもしれません。
c0380497_23111652.jpg

# by eriko_journal | 2018-05-18 09:22 | かき方 | Comments(0)


「ネイチャー・ジャーナル」は、身近な自然を知るための絵日記です。「観察する」「スケッチする」「発見・疑問を書き出す」ことによって、身近な自然と親しみながら、自分の世界を無限に広げていくことができます。絵が苦手な方でもご心配なく。子どもから大人まで、誰でもかけますよ。


by eriko

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

管理人について

このブログについて&自己紹介

はじめての方はこちらからどうぞ↓
記事一覧/アーカイブ

ギャラリー

*Facebook グループ*
Japan Nature Journal Club -日本ネイチャージャーナルクラブ-

*ネイチャー・ジャーナルに関するご質問、「ここでやって欲しい!」などワークショップのご相談はこちらのフォームをご利用ください 

カテゴリ

全体
ネイチャー・ジャーナルとは?
スケッチ道具
かき方
イベント
ネイチャージャーナルクラブ
コラム
環境教育・自然体験

タグ

(6)

最新の記事

次回フィールドワークについて
at 2018-07-17 12:06
7月8日(日)瀬上沢自然観察..
at 2018-06-22 01:00
【スペシャル・フィールドワー..
at 2018-06-09 12:19
6月16日(土)フィールドワ..
at 2018-06-01 15:24
いいやつ?わるいやつ?
at 2018-05-25 16:15
6月10日(日)瀬上沢自然観..
at 2018-05-24 16:30
メモって何を書けばいいの?
at 2018-05-18 09:22
5月13日フィールドワークレ..
at 2018-05-17 11:45

最新のコメント

hitakijoさん、コ..
by eriko_journal at 11:08
こんばんは 今度は、マ..
by hitakijo at 22:19
鍵コメさん、コメントあり..
by eriko_journal at 09:49

以前の記事

2019年 12月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月

検索

ライフログ














ブログジャンル

自然・生物
教育・学校