<$blogurl$="http://naturejournaling.exblog.jp">

身近な自然の「ナゼ?」から広がる世界

こんにちは、自然画家/イラストレーターの小林絵里子です。
このブログでは、身近な自然の「ナゼ?」を発見していく自然観察の記録方法「ネイチャー・ジャーナル」について、またそのかき方についてまとめています(「ナゼ?」の答えを教える内容ではありません)。「ネイチャー・ジャーナルってナニ?」という方は、まずは記事一覧 よりどうぞ。

【日本ネイチャージャーナルクラブ】
2018年より、「日本ネイチャージャーナルクラブ」というコミュニティを立ち上げました。
(経緯はこのブログについて・自己紹介をご覧ください)
月に一度、神奈川県内の公園で、アメリカで作られたネイチャージャーナルのさまざまなかき方を体験する内容を中心にしたフィールドワークを行っています。今のところ”クラブ”とはいっても会員制ではありません。興味を持った方ならどなたでも参加できます。

・身近な自然の観察の仕方を知りたい
・さまざまな年代の人と自然を楽しみたい
・子どもと一緒に自然体験したい(親子連れ歓迎です!)
・フィールドノート、フィールドスケッチを描けるようになりたい
・考える力を伸ばしたい
・想像力を伸ばしたい
・人や環境の役に立ちたい

そんな方におすすめです。
(ピクニック気分のカジュアルスタイルで行っています☆)

学校の先生、自然観察会リーダーの方の参加も
お待ちしています。

フィールドワークに参加ご希望の方は、こちらのフォームよりお知らせください。
フォームが使えない場合は、

また最新情報は、フェイスブックグループでも随時アップしています。
こちらのブログに載せるまでにタイムラグのある情報もありますので、
こちらもたまにチェックしてみてくださいね。

# by eriko_journal | 2019-12-31 23:39 | ネイチャー・ジャーナルとは?

「根釧を描く」ーアートでシマフクロウ応援プロジェクトーのご案内

これは直接クラブのイベント、というわけではないのですが
全く無関係でもないので、こちらでもご案内させていただきます。

===============
「根釧を描く」アートでシマフクロウ応援プロジェクト
~森・川・湿原・海のつながりをかんがえよう~

とき:2018年11月5日~12日

場所:北海道厚岸郡浜中町

主催:NPO法人シマフクロウ・エイド

共催・参加アーティスト:Szabolcs Kokay(ハンガリー)、Jose Antonio Sentianes Ortega(スペイン)、Teo Nam Siang(シンガポール)、渡辺靖夫、小林絵里子

協賛:大地みらい基金、NPO法人霧多布湿原ナショナルトラスト

後援:浜中町、浜中町教育委員会、NPO法人えんの森、NPO法人エトピリカ基金
===============

「シマフクロウが安心して住める森づくり」がテーマのプロジェクトです。
シマフクロウが住める豊かな森を作ることは、私たち人間の生活も豊かにすることにもつながります。
そういったつながりについて、子供から大人までみんなで考えよう、というのが
このプロジェクトの目的です。

期間中、地元小学校でのワークショップ、スケッチ教室、スケッチ展などのイベントも行います。

「日々更新スケッチ展」11月7日~12日 霧多布湿原センターにて
国内外5人の参加アーティストが毎日現場で描いたスケッチを、毎日展示していきます。
私はネイチャー・ジャーナルも展示する予定です。

「野外スケッチ教室」11月10,11日
参加アーティストによるスケッチ教室を行います。

「スライド・トーク」11月11日

また、実行委員会ではこのプロジェクトへの寄付も募集しています。

詳細はウェブサイトをご覧ください↓


ご興味ありそうな方がいたら、ぜひシェアをよろしくお願いします♪


# by eriko_journal | 2018-10-23 18:12 | イベント | Comments(0)

11月のフィールドワークのご案内

すっかり秋も深まり、肌寒い日が増えてきました。

先週のフィールドワークは曇り空の下、無事行いましたが
思いのほか寒くて、参加者さんはちょっと辛かった様子。
私も脚がつりかけました(汗

次回11月の回はさらに寒くなること必須。
ネイチャージャーナルは、何かの調査隊のように
そんなにストイックにやらなくてもいいので
当日の様子を見ながら、
外と室内、半々でやってみようと思います。

室内は園内休憩所を使用させてもらう予定ですが
予約をする場所ではないため
他のお客さまもいらっしゃる場合は
譲り合いながらということになると思います。

ということで、11月のご案内です。

================
「コレクション・フィールドガイドをつくろう」

日時:11月24日(土)10:30~14:00

場所:神奈川県内公園(お申込みの方にお知らせします)

持ちもの:スケッチブック、筆記具、彩色道具(水彩絵の具、色鉛筆など)
     観察道具(双眼鏡、虫めがね、ルーペなど)、お弁当

【当日の予定】

午前中:池にカモなどいれば、鳥の行動観察スケッチ・ジャーナリング

午後:室内でコレクションスケッチ。
   自分で決めたテーマに沿ったフィールドガイドを作ってみます。
   *拾った葉っぱや実などをスケッチ・ジャーナリング
   *彩色道具の使い方

※天候、現場状況等により、若干内容が変更になることもあります。

参加お申込・お問合せ:
こちらのフォームよりお申込ください。
フォームが使えない場合は、japan.nature.journal.club@gmail.com よりご連絡ください。
================

あたたかい服装と、あたたかい飲み物を持って、お出かけください。



このブログの中で、

「定期的に時間を決めてやりましょう」

なんて書いていますが

そういう本人はここ数ヶ月、ほとんど自分の時間が取れていません。。



一人で何かをしようと思うと

いま目の前の「やらなければならないこと」に心を奪われて

つい後回しになり

いつの間にか月日が経っていた・・・

(もしかして昔話の「うらしまたろう」って、そういうお話…?と、いま突然思った)

ということになってしまいがち。



今の世の中に生きる人はみんな忙しくて

子どもでさえも、自由な時間を持つことは難しい。



でも、

無理にでも

少しでも

「自分のための時間を作る」

ということは

人が健康に生きるにあたって

とても大事なことなのではないかと思います。

そしてそれは、

今の自分を

今までとは違う自分へと

少しずつ、変えてくれるんじゃないかと思います。



そんな時間を、つくりにきませんか?



# by eriko_journal | 2018-10-22 01:16 | ネイチャージャーナルクラブ | Comments(0)

10月のフィールドワークのご案内

永遠に続くと思われたような
今年の酷暑も、
ようやく落ち着き
空気はすっかり秋にかわって
ヒガンバナがいっせいに咲き始めています。

さて、3か月ぶりの開催、の予定だったの9月のフィールドワークは
雨のため中止になりました。



とほほ。



というわけで、


次回の予定です。


次回は、10月13日(土)です。

内容は、9月の内容と同じになります。

参加のお申込、詳細のお問合せはこちらのフォームよりどうぞ。



実はこのところ多忙を極めていて
自分のジャーナルがなかなか書けていません。

でも先月は、6月から飼っていたアマガエルのオタマジャクシが
ついにチビガエルになり
数日のうちに手足の生えたオタマジャクシから
カエルに変化する様子を記録しました。

オタマジャクシを飼うなんて、何十年ぶりでしょう。。

ところで、カエルの口は、いつカエル口になるか、
知っていますか?

「そういえば、いつどうやって、
オタマジャクシのおちょぼ口から
カエルのがま口になるんだろう?」

って思ったんです。


だって、どんどん口が裂けちゃうなんて。

どんな感覚なんでしょう…


気になったひとは、考えてみてね。

# by eriko_journal | 2018-09-19 23:05 | ネイチャージャーナルクラブ | Comments(0)

9月のフィールドワーク

※明日は残念ながら雨の予報のため、中止とします。次回は10月13日(土)、11月24日(土)の予定です。(2018/09/14)

周りを見渡せば、そろそろ秋の気配も感じられるようになってきました。

あまりの暑さのため7月8月はお休みとしていましたが
改めて9月のフィールドワークのご案内です。

テーマ:「変化を記録しよう」
内容:対象は植物、虫など~視野を広く持って、”変化しているもの”を見つけて記録します。
日時:2018年9月15日(土)10:30~14:00
場所:神奈川県内公園(お申込に方にお知らせします)
持ち物:スケッチブック、筆記具、彩色道具(色鉛筆、水彩絵の具等)、観察道具(ルーペ、虫めがね、双眼鏡など)
参加費:無料(基準額2,000円の任意寄付制/役に立った!と思ったら任意の金額をお支払いください。今後の活動費用に使わせていただきます。)

※雨天・荒天の場合は中止です。

詳細・参加お申込はこちらのフォームよりお願いします。

次回からは、アクティビティに加えて
毎回マップメイキングをしていこうと思います。
公園の地図に、どこで何を見たか、季節を通して記録していきます。

この頃にはなんとか暑さが落ち着いてくれているといいのですが。。

ご都合の合う方とお会いすることを楽しみにしています!




# by eriko_journal | 2018-08-16 13:46 | ネイチャージャーナルクラブ | Comments(0)

7月の活動レポート2 「瀬上沢を守ろう~ワークショップ」

当初の開催予定日は6月10日でしたが、雨で延期となり改めての開催となり、気温32度と暑い中、3才~70代まで14名の方が参加してくださいました。
c0380497_11410694.jpg
c0380497_22271513.jpg
瀬上沢基金のガイドTさん。まずは瀬上沢の自然について案内・解説していただきました。
c0380497_11252447.jpg
c0380497_22250291.jpg
林の中には湧水が湧き出しています。駅からの道中の暑さをすっかり忘れさせてくれました。サワガニやホタルの餌となるカワニナ、ヘイケボタル、ゲンジボタルが生息していますが、この沢も開発により埋められる予定になっています。

c0380497_11222303.jpg
その後、今日のジャーナリングのテーマとルールを説明して、グループに分かれ、瀬上沢の自然をそれぞれの視点で記録します。
c0380497_11215574.jpg
c0380497_11224175.jpg
c0380497_11205602.jpg
おわりにみんなで見たものを共有し、瀬上沢の開発についてディスカッション。
c0380497_11212235.jpg
c0380497_11235012.jpg
c0380497_11241150.jpg
c0380497_11243138.jpg
初めてなのに、みなさんいいノートがかけました。
いずれ近いうちにみんなのジャーナルを展示する展覧会をやり、多くの人に向けて身近な自然のあり方について考える機会を作りたいと思っています。



最後に参加者の方たちの感想をいくつかご紹介します。

「湧水が楽しかった。よく見て書くと絵が上手に見えてとても楽しかった。また絵を書きにいきたい!!」(7才)

「ちょっとした場所にもいろいろな生きものと、その背景があることがわかりました。よーく観る、ということが普段なかなかしないので楽しく、気づきの多い時間でした。」(40代)

「普段はなぜか急いで過ごしてしまうので、こういうのんびりと自然観察する時間を過ごせてよかったです。どういう意識をして観察スケッチするかよくわかりました!現地に来るまでの過酷な環境と木陰、涼しい風を感じられるこの森の心地よさを、より多くの人に体験してもらいたいです。」(30代)

「グループで行ったのも楽しかったです。絵は苦手意識があったのですが、発見したことを記すことで細部まで描き、自分が描いたとは思えない程、上手く見えました(笑)自然を守りたいという気持ち、このような活動でもアピールできるのだと感じました。」(40代)

「たのしくて、書くのにむちゅうでみんながいっちゃうのもきがつかなかったです。」(7才)

「瀬上沢の自然の豊かさを改めてわかりました。ゆっくりと植物を観察することができ、気持ちよかったです。ここがコンクリートに覆われた街であったらと考えると、ありえない!と思いました。時間があっという間でした。娘と参加できたのも良かったです。様々な活動を通して、瀬上沢を守る活動がどんどん盛り上がるといいなと思いました。」(40代)

「写しをとるのは初めてでしたので、動植物を図鑑で調べるための見方でみれたのは新鮮でした。初対面の方ばかりなのですが、会話に繋がったのがよかったです。」(70代)


ご参加くださったみなさん、ありがとうございました!

また秋に、開催を予定しています。



# by eriko_journal | 2018-08-16 13:44 | イベント | Comments(0)

7月活動レポート(1)「桑原実彦スケッチ教室」

先月は2つのイベントを行いました。
すっかり遅くなりましたが(フェイスブックにはアップしていたのですが)
それぞれのレポートをご紹介したいと思います。

7月7日「桑原実彦スケッチ教室」

c0380497_11414113.jpg
場所は葛西臨海公園鳥類園。前日まで雨が降り続いて、心配していたお天気は幸い雲の間から青空ものぞき、スケッチ日和となりました。ただ、風が強かった!

c0380497_11450986.jpg
参加者は「スケッチは前から描いてみたいと思っていながら、なかなか機会を見つけられなかった…」という初心者の方お二人。桑原さんは、スケッチの基本から、段階を踏んで丁寧に描き方を教えてくださいました。
c0380497_11455262.jpg
『ヨーロッパでは、まずスケッチが基本。みんなそこから始める。』と桑原さん。日本にも生き物を描くイラストレーターや画家さんたちは多くいますが、フィールドスケッチをする人は、残念ながら少数派です。

参加者の方に、今までスケッチに興味があったのに描かなかった理由を訊ねると「学校の美術の授業で低い評価をもらって、嫌になった。自分には才能がないんだと思って、絵はもういいやと思っていた。」絵を描くことが嫌いになる理由として、もっともよく聞く言葉です。そういう方は、意外と多いんじゃないかと思います。理由はそれぞれ多少違えど、「学校の授業で絵が嫌いになった」というのは、実は日本に限ったことではなく、アメリカでも同じ言葉を聞いたことがあります。かくいう私も、美術系の短大に行ったら、絵が嫌いになった一人です。見方を変えれば、「仲間はいっぱいいるよ!」ということです。

『スケッチは、いつでもどこでも出来る。いくつになってもできる。続けることが大事』
『人に何いわれようと、気にすることなんかないですよ』
「好きなものを描く」ことが大事だと、桑原さんはいいます。

「人に何をいわれても気にしない」
「自分が好きなもの」に気付く。認める。
単純なことですが、「マル」か「バツ」かの教育を受けてきた私たちにとって、それは、とても大きなハードルのように感じられることがあります。

でも、人の評価を気にせず描きたいと思うものを描くことで、解き放たれる何かを感じられるかもしれません。


~参加者の方の感想~

「人に教えてもらうのは初めてだったが、本で読むよりポイントがわかりやすかった」

「実際の作業が見られてよかった。今後も続けたいと思います」


◆スケッチワンポイント~道具について~◆

風が強い日に重宝するのが、クリップです。
「スケッチブックの紙がめくれてスケッチに集中できない!」というストレスを避けられます。桑原さんに道具の説明をしていただき、これもスケッチキットに加えるべきアイテムだと思いました。ダブルクリップでも、目玉クリップ でも、しっかりページが抑えられるものであれば、お好きなものでよいと思います。こういったアイテムでお気に入りを見つけたりしながら、スケッチを楽しんでくださいね!



今後も不定期でこのような機会を作っていきたいと思っています。

# by eriko_journal | 2018-08-16 11:19 | ネイチャージャーナルクラブ | Comments(0)

次回フィールドワークについて

【次回のネイチャージャーナルクラブ・フィールドワークのご案内】

7月のフィールドワークを
今週末『7月21日(土)』とご案内していましたが
この厳しい暑さ続き、
時間帯的にも熱中症の危険があるため
7月、8月はお休みとさせていただくことにしました。

園内は木陰で比較的涼しいと思うのですが
きっと道中が厳しいので(><)

もう少し過ごしやすくなってから
開催したいと思います。


次回の予定は、

9月15日(土)です。

それまでイベントの予定はありませんが
セミが鳴きはじめたり、
夏のサインがあちこちに見つけられると思いますので
お家のまわりでぜひジャーナリングしてみてくださいね。

よろしくお願いいたします。


# by eriko_journal | 2018-07-17 12:06 | ネイチャージャーナルクラブ | Comments(0)


「ネイチャー・ジャーナル」は、身近な自然を知るための絵日記です。「観察する」「スケッチする」「発見・疑問を書き出す」ことによって、身近な自然と親しみながら、自分の世界を無限に広げていくことができます。絵が苦手な方でもご心配なく。子どもから大人まで、誰でもかけますよ。


by eriko

プロフィールを見る
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

管理人について

このブログについて&自己紹介

はじめての方はこちらからどうぞ↓
記事一覧/アーカイブ

ギャラリー

*Facebook グループ*
Japan Nature Journal Club -日本ネイチャージャーナルクラブ-

*ネイチャー・ジャーナルに関するご質問、「ここでやって欲しい!」などワークショップのご相談はこちらのフォームをご利用ください 

カテゴリ

全体
ネイチャー・ジャーナルとは?
スケッチ道具
かき方
イベント
ネイチャージャーナルクラブ
コラム
環境教育・自然体験

タグ

(11)

最新の記事

「根釧を描く」ーアートでシマ..
at 2018-10-23 18:12
11月のフィールドワークのご案内
at 2018-10-22 01:16
10月のフィールドワークのご案内
at 2018-09-19 23:05
9月のフィールドワーク
at 2018-08-16 13:46
7月の活動レポート2 「瀬上..
at 2018-08-16 13:44
7月活動レポート(1)「桑原..
at 2018-08-16 11:19
次回フィールドワークについて
at 2018-07-17 12:06
7月8日(日)瀬上沢自然観察..
at 2018-06-22 01:00

最新のコメント

hitakijoさん、コ..
by eriko_journal at 11:08
こんばんは 今度は、マ..
by hitakijo at 22:19
鍵コメさん、コメントあり..
by eriko_journal at 09:49

以前の記事

2019年 12月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月

検索

ライフログ














ブログジャンル

自然・生物
教育・学校